散歩で健康に!

散歩の時間配分
どのくらいの時間をどのように歩くか、というのは年齢や普段身体を動かしているかどうかなどによって変わります。 それでも、誰にでも言えるのは、スタートの5分程度は「ならし歩き」、ウォーミングアップの意味合いでゆっくり歩き、序々にペースを上昇させていき、息切れする手前くらいのペースで歩くのが良いと聞きます。 散歩を始める前にストレッチをするのも、ケガや筋肉疲労感の抑えるに効果的です。

ヒザの裏、足首などを重点的にストレッチしておきましょう。 歩く時間の長さについては、帰りの時間を考え、当初は最低でも往復20分くらいから始めるのが良いでしょう。 20分から脂肪を燃焼しだすので、1時間強の散歩で充分効き目が感じられるので、2時間も3時間も歩くことは必要ないそうです。

ウォーキングによって得られる効き目
「脚は第二の心臓」と考えられていて、太い動脈や静脈が通っていることから、歩いたら血液が身体全体に活発に循環していきます。血流が良くなるので、糖尿病の人、冷え症の人には散歩は強く推奨されます。 脳の血の巡りも良くなるので、眠気ざましになります。

勉強やアイディアが現れなくて煮詰まっているときには、気分転換を狙うためにも、近所を歩いてみてはいかがでしょう。 違う世界が見えるかもね。特に朝の時間帯のジョギングは体内時計のリセット、自律神経を整え、基礎代謝アップに効果が現れるので、健康的な痩身ができるようです。

この記事へのコメント