履きよい草履を買うコツ

●草履は軽いものほど質がいい
着物選びにはじっくり時間をかける入札草履となると案外いいかげんなことが多いもの。しかし、一見同じようなデザインに見える草履でも、使われている索材によって、履き心地はずいぷんと違う。とくに重要なのは、中に使われている「芯」。このよしあしが、履き心地や丈夫さを大きく左右するのだ。良質なのは、芯のコルクがよく乾燥しているもの。軽いものほどよく手をかけてつくってある証拠なので、持ってみて軽い草履を選ぶのが、草履選びの大きなポイントだ。

●ヒールの高さはどのくらい?
履き慣れないこともあって、草履を長時間履くのは、靴以上に疲れるものだ。疲れない草履を選ぶには、ヒールの高さが再要になる。前の部分が1枚、かかとの部分が2枚重ねになっているもので、高さ2~3センチのものにすると、最も疲れにくい。

●足より小さいサイズのものを
草履と靴がまったく違うのは、大きさを選ぶときだ。靴の場合、足より小さいものを買うと、きつくて履いていられない。一方、草履は足より1センチくらい小さいものがベスト。見た目に最もきれいなのだ。履いたときに、かかとが1センチほど出る大きさのものを選びたい。

●すっきり見せる草履の色とは
どのような色や模様の草履を履くかで、着物姿の印象はずいぶん違ってくる。基本は、帯や帯締めの色に合わせることだが、このとき少し濃いめの色を選ぶのがコツ。足袋の白さと濃い目の色の草履のコントラストによって、足元がすっきりと見える
のだ。

この記事へのコメント