体型に合う下着・靴下を買うコツ

●体をきれいに見せる下着とは
少しでも細く見せようと、小さめのブラジャーやパンティを買う人がいるが、これは逆効果だ。下着から脂肪がはみ出して、かえって太さが強調される。やはり体にぴったり合った下着を身につけるのが、体をきれいに見せるにはいちばんだ。プラセンタ

●下着は生理中に買わない
体にフィットした下着を買うためには、生理中は避けること。生理が始まる1週間前から終わるまでは、バストが張るなど、女性の体は微妙に変化するからだ。下着は生理が終わってから買いに行くようにしたい。

●パンティは模様や形を広げて確認
下着売り場では、パンティはくるくる丸めて売られている。「あ、かわいい!」とそのまま買うと、はいたときに模様や形が思っていたのと違うことがある。買うときはいったん、指で三角形に広げてみるといい。これなら、はいたときと近い状態で見ることができる。サイトマップ

●ブラジャー選びのポイント
自分では変わっていないつもりでも、胸のサイズはけっこう変化しているものだ。新しくブラジャーを買うときは、そのつど売り場で測ってもらい、さらに試着をしたうえで、ぴったりのサイズを選ぶようにしたい。試着のときは、前かがみになったり腕を動かしたりして、動きにくくないかチェックする。そのほか、
・カップが余っていないか
・前中心が指1本分以上浮いていないか
・カップの上や脇に食い込みがないか
・アンダーバストが安定しているか
 といった点にも注意して選びたい。

●パンストはフリーサイズかいい?
パンティストッキングの売り場に行くと、サイズ別とフリーサイズの2種類が売られている。フリーサイズのほうが誰にでも合って便利そうだが、脚のラインがきれいに出にくいし、パンストも傷みやすい。やはりサイズ別の中から、自分に合ったものを選んだほうがいい。

●パンスト選びの決め手はここ
脚のラインをきれいに見せるパンティストッキングを選ぶとき、脚の太さはあまり気にしなくていい。選ぶポイントぱ身長とヒップ。ここだけ合わせるようにしておけば、太ももやふくらはぎの太さなどは、気にしなくてもきれいにはける。

●靴下の賢い買い方
ソックスを買うときの隠しワザは、同じものを何足かまとめて買っておくこと。朝出かける前の忙しいときに、片一方に穴がおいているのを見つけたときも、一緒に買っておいたものですぐ代用できる。一方が破れたからといって、破れでいないほうの靴下まで捨てずにす拉というわけ。

この記事へのコメント