更年期障害とダイエットの関係性

40代や50代になってから急に体重が増えてしまった。そう言った嘆きの声を、更年期の女性からよく聞きます。40代や50代、所謂「更年期」となってから、特に生活習慣を変えたようすもないのに太る、と言う女性は少なくありません。これは、体内でホルモンバランスがおかしくなることで脂質の代謝が悪化しているせい。

女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量が減少すると代謝が落ち、その分太るのです。しかし、やはり年を重ねた身体は若々しい時代のように簡単に減量を行うことがしづらい上、下手をすると無茶なダイエット方法で体調を崩してしまうの可能性も高いです。 一体どのようなシェイプアップ方法であれば、更年期の身体でも減量をすることが可能なのでしょうか?

更年期であったとしても、やはり重要になるのは食事と運動。ただし、無理なダイエットは厳禁です。10代や20代の頃だったら、ちょっと無茶なダイエットも出来たかも知れませんけど、更年期の女性の身体は若い時代に比べれば確実に劣化しているのです。

更年期のダイエットは短期で無理しないこと
一気に減量をするのとは違い、長い時間をかけて少しずつ体重を落とし、元の体型を保ち続けていくような気持ちでダイエットにのぞみましょう。ダイエット方法の中でも、基本中の基本は毎日体重をはかることが大切となります。そして、一体どういった行動がウエイトの増加が引き起こされるのかを理解することが大切になります。 特に更年期となってからは、わけがわからないまま体重ばかりが増えていく…と言う様に変化ししまうことになりがち。

10代や20代の頃は、ちょっと無茶なダイエットをしても何とかなったかも知れませんが、40代や50代になるとすぐに身体がトラブルを訴えてしまいます。なお、若い頃のそんな極端なダイエットが、現在の不調をより重いものにしてしまったケースもあります。 まずは、自分の身体の状態を知ることが大事となります。

そして、どのような行動が自分の体重に影響するのかを把握しましょう。数字やグラフで自分自身が体重の推移を視覚的に気付くことが可能であれば、シェイプアップへのやる気もわいてきます。勿論、生活態度や食生活を改善することも欠かすことが出来ません。一日のカロリー摂取量はもちろん、低減してがちな女性ホルモン「エストロゲン」にかわる役割を持つ「フィトエストロゲン」や「リグナン」を摂取するよう意識しましょう。 そして、ダイエットを行う上でイチオシなのが「有酸素運動」と思われますが、中でも最も適していることこそが「筋トレ」と考えます。

「え、筋トレでダイエット?」と思う方もいるのかも知れませんが、歳を経るうちに衰えていく筋肉を鍛えることは、いつまでも健康な身体と言う理由でには非常に重要。加えて、筋トレは自宅に居ながらやってみることができるので、骨粗鬆症による骨折の心配もありません。

posted by 健康 at 14:13Comment(0)日記

散歩で健康に!

散歩の時間配分
どのくらいの時間をどのように歩くか、というのは年齢や普段身体を動かしているかどうかなどによって変わります。 それでも、誰にでも言えるのは、スタートの5分程度は「ならし歩き」、ウォーミングアップの意味合いでゆっくり歩き、序々にペースを上昇させていき、息切れする手前くらいのペースで歩くのが良いと聞きます。 散歩を始める前にストレッチをするのも、ケガや筋肉疲労感の抑えるに効果的です。

ヒザの裏、足首などを重点的にストレッチしておきましょう。 歩く時間の長さについては、帰りの時間を考え、当初は最低でも往復20分くらいから始めるのが良いでしょう。 20分から脂肪を燃焼しだすので、1時間強の散歩で充分効き目が感じられるので、2時間も3時間も歩くことは必要ないそうです。

ウォーキングによって得られる効き目
「脚は第二の心臓」と考えられていて、太い動脈や静脈が通っていることから、歩いたら血液が身体全体に活発に循環していきます。血流が良くなるので、糖尿病の人、冷え症の人には散歩は強く推奨されます。 脳の血の巡りも良くなるので、眠気ざましになります。

勉強やアイディアが現れなくて煮詰まっているときには、気分転換を狙うためにも、近所を歩いてみてはいかがでしょう。 違う世界が見えるかもね。特に朝の時間帯のジョギングは体内時計のリセット、自律神経を整え、基礎代謝アップに効果が現れるので、健康的な痩身ができるようです。
posted by 健康 at 11:19Comment(0)日記